2019/01/31新ブランド米!左近太郎精米「負け知らず」の販売開始

 平成29年11月から1年の歳月を費やし完成した『負け知らず』をお届け致します。80年前には精米の主流であった左近太郎で突いたお米です。米本来の味をご堪能下さい。
 この地に移住した私が、地域の農家を何とか元気にしようと、お米のブランド化を初めたのは平成19年の秋。
「鞍岡のお米はすごく美味しいです。普通のお米として卸してしまうのはもったいないです。それに今のままでは次の世代に米を作れ!と言えないでしょう。自信を持って高く売りましょう。」
 そんな私の声かけに反応し、廃止になった鞍岡支所に集まったのは60歳から82歳のベテラン米農家12名。
「いくらで売れたら皆さんの子ども、または孫に米を作れと言えますか?」
「今のままでは誰も米をつらんなる!」
 最年長の鶴井さんは、「わしらは一生懸命米を作っておりますが、今のままではどうにもならん、もちょっと高く売らなんにゃ~」と
 私はきっぱりと「この米の価値を理解し、高くても買って下さる方に売ります!」と断言し、「四億年の大地」という産地ブレンドを世に送り出した。
 それから11年が過ぎた。鶴井のじいちゃんはもう田んぼにはいないが、息子さんが田んぼを継いでいる。私は、次の世代のために、少しは何か出来たのだろうか?
NPO法人五ヶ瀬自然学校 理事長 杉田英治